福岡女学院中学校・高等学校

在校生の方

1885年から始まった福岡女学院の歴史は、一世紀以上にわたり、女子教育を積み重ねてきました。

福岡女学院とは

一世紀以上にわたり、女子教育を積み重ねてきました。

1885年から始まった福岡女学院の歴史は、多くの自立する女性を輩出することの積み重ねの上にあります。その歴史と伝統、そして私たちの想いをご覧ください。

ホーム » 福岡女学院とは » 学校長メッセージ

自分よし・相手よし・みんなよし

校長写真

皆さん一人一人が、激しく加速度的に変化するこれからの社会の中で人生を切り拓いて行くために、ひとつの言葉を贈ります。 それは、「自分よし・相手よし・みんなよし」という言葉です。 この「三方よし」の精神は、人と多く関わる学校において、何回も何回も、自分の身体を通しながら、学ぶことができると思います。 聖書の中に「鉄は鉄をとぐ。そのように人はその友の顔をとぐ」という、共に磨き合える人との付き合い方を意味する言葉があります。 幼稚園・中高・短大・大学・大学院がある、この多様性のある女学院の中で、そのような風土がより醸成されるようにしていきたいと思います。 みなさんは、その中で「三方よし」の精神を磨き上げて下さい。 誠実に、真剣に求める者は、本物を手にすることができ、必ず、美しい輝きが放たれます。 いつの時代も、若い世代が大人の描く価値観を乗り越えて成長します。 生徒の皆さんが私達を越えていき、自分達の望むような未来を創り出し、実現していくこと、そのことを一心に願います。

福岡女学院中学校・高等学校
校長 重枝 一郎

ページの先頭PAGE TOP